辛い咳の風邪、予防して冬を乗り越えるには?

001305
乾燥が気になる季節がやってきましたね~
街中でも咳をしている人がチラホラ。
この時期の風邪は1度ひくと厄介、やっぱりひきたくない!

そこで、今から出来る予防策をお伝えします。

スポンサードリンク

辛い咳の風邪、予防して冬を乗り越えるには?

■朝起きたら、まずうがいをする

寝ている間に口の中は菌でいっぱいに。
まず起きたら、うがいで菌を口から出すことが大切です。

■朝食にはよく噛く食品を

最近はグリーンスムージーが流行ってますよね?
私も飲んでた時期がありました。
でも、冬のスムージーは体が凍る、しかも飲み物にしてるので
噛まないですよね?
噛むことによって出る唾液は、外から浸入してくる細菌などを防ぐ役割をしているので、
噛み応えのある食品をとることが大事なんです。

果物だったら『リンゴ』などの噛み応えのあるものを選びましょう。

■マスクをつける

喉が痛かったり、咳が出てからマスクをすることは多いですが、
乾燥の時期は人ごみの中や寝る時などにマスクをすると、
マスクの中が保湿されて乾燥を防ぐことができます。

~マスクの正しい付け方~

マスクのプリーツが下向きになるようにします。
鼻まわり用の針がねが付いているほうを上にし、
針がねを鼻の形に隙間なく合わせて曲げます。
下のプリーツを広げ、アゴまで隠します。
最後に、全体的にすき間が無いかチェックします!

外す時のポイントも
菌の付着しているフィルターには触れず、
耳にかけてるゴムをもって外すこと。
念のため手も洗いましょう♪

スポンサードリンク

■うがいをする

当たり前の話ですが、やっぱり大事なんですよ~
うがい薬で予防したいところですが、それは逆効果!!
普段からうがい薬を使うと逆にのどに常在する正常細菌叢を壊してしまい、
風邪ウィルスが侵入したり、のどの正常細胞を害する可能性があるからです。
普段は水道水で十分です。

~うがいのやり方~

まずは口をゆすぐ
そして、再度うがいを少なくとも15秒以上行う
この時に左右の頬に水を移動しながら、全体をくまなくうがいしましょう

■お風呂のなかで深呼吸

お風呂の中は蒸気でいっぱい。
喉が潤うので、ゆっくりリラックスして呼吸しましょう。
歌を歌うのも良いですね!エコーが効いて上手くなった気分になれるし♪

■鼻呼吸

あまり意識していない人も多いと思いますが、
無意識に口呼吸になっている人は意外に多いです!
鼻は天然の加湿器です。
意識的に行うことで、喉が潤い寝つきも良くなりますよ。

~こんな人は口呼吸かも~

朝起きると、のどがヒリヒリする
唇がカサカサ荒れている
食べる時に、音を立ててしまう
無意識のうちに口が半開きになっている
いびきをかいたり、歯ぎしりをする

寝ている時って無意識だから、意識することは難しいですが、
日頃から意識することで、風邪もひきにくく健康増進できます!

まとめ

以上が普段からできる風邪予防です!
子供の頃の風邪ってカーッと熱が出て、翌日スッキリ、
むしろ前よりも体が軽く感じられたことも。
そんな嵐のような風邪を大人になってひかないのは、
熱を出すエネルギーが大人にはないからです。
熱を出して菌をやっつけるのも、元気だからこそなんですね。

日頃から体を動かして体力をつけないと!
と思い過ごしている私です・・・

皆さんも今日からできる風邪予防、試してみて下さい。

スポンサードリンク

関連記事と広告

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

おからパウダーはダイエットに効果的?便秘や老化防止の簡単レシピ
急な首の痛みって何?原因別の対処の仕方
コーヒーダイエットにすごくいいかも!一杯¥28
紫外線で髪は痛む?頭皮のダメージを守る日焼け止め選び方は?
サタデープラスで放送されたドライおからが本当にすごかった!
疲れが取れないのは睡眠のせい?40代からの解消法
生理前のイライラがひどい?辛い症状と対処法について
授乳中の花粉症対策で薬以外のおすすめは?
夏バテの予防と対策法とは?だるさや冷えに効く方法を紹介します
口呼吸から鼻呼吸へ治したい!病気予防や美容効果に変化がでますよ。
アキレス腱手術の体験談|手術当日の流れについて
健康法ランキング|Dr.プラスの名医がお勧めしてます!その2
仕事のやる気が出ない新入社員の原因は?出すにはどうすればいいの?
プランクチャレンジのやり方は?筋力アップで肩こり腰痛も改善!
夏の冷房で冷え性になってませんか?セルフチェックと対策法について

Menu

HOME

TOP