赤ちゃん冬の布団の枚数は?蹴とばす理由と対策を教えて~

83ece63f171f50e24cec833b6b6a72f2_s

赤ちゃんが寝ている間に
布団を蹴っ飛ばしているので、
風邪をひくんじゃないか、
寝冷えするんじゃないかと、
夜中何度も布団をかけ直してあげている
ママはたくさんおられると思います。

私も「あー、また布団からはみでてる…」
と眠い目をこすりながら、
子供の布団を何度も
かけ直していることがよくありました。

でも何度かけても、
また布団を蹴ってはころころと転がり
回りながら寝ている息子を見て、
どうしたものかと考えておりました。

まわりの先輩ママ達に聞いてみると、
そういう赤ちゃんはとっても多いようです。

そこで、赤ちゃんが寝ているときに
布団を蹴る理由は?
寝冷えさせない対策方法は?
について紹介しますので、
是非参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク
 

赤ちゃん冬の布団の枚数は何枚が良いの?

寒い冬、風邪をひかせてはいけない!
と、冬用のあったかい肌着に、
パジャマに、毛布に、羽毛布団…と、
赤ちゃんが寒くならないような
万全の対策をして寝かせてあげたくなります。

でも気付けば、
何度も布団を蹴っている赤ちゃん、
布団からはみ出していく赤ちゃん…。

実は赤ちゃんは、
大人が感じるほどの寒さを感じていないのです。

赤ちゃんは大人よりも体温が高く、
体内に熱がこもりやすいという特徴があります。

なので、大人が快適だと感じる
お布団の枚数よりも1枚少なくしてあげることで、
赤ちゃんは快適に眠れるのです。

6f05f80c5d5736872b3e5f1f2f7b2d6c_s

赤ちゃんが冬に布団を蹴とばす理由

赤ちゃんがなぜ布団を蹴とばすのか。
それは、二つの原因が考えられます。

ひとつは、暑がっている、ということです。

これは先程もお伝えした、
赤ちゃんは大人よりも体温が高く、
体内に熱がこもりやすいという特徴のためです。

衣類を着せ過ぎていたり、
お布団をたくさんかけすぎてしまっていると、
暑くて布団を蹴とばしてしまうのです。

スポンサードリンク

赤ちゃんが頻繁に布団を
蹴とばしているなと思われる場合は、
一度、大人にとってではなく、
赤ちゃんにとっての快適な睡眠スタイルを
見直してあげてみて下さい。

パジャマも、今はフリース素材の
とてもあたたかい物がたくさん売られておりますが、
赤ちゃんはとても汗かきなので、
通気性の良いパジャマにしてあげると
快適に眠れるでしょう。

お布団も、軽くて通気性の良い素材の物にすると、
お布団の中に汗の湿気がこもらずに
気持ち良く眠れますね。

ふたつめの原因が、
赤ちゃんは寝ている間に動くことで自身の成長を促している
ということです。

実は赤ちゃんは日中起きている間に
たくさんのことを脳に覚えさせているのですが、
それを寝ている間にも
脳にインプットしていっていて、
その過程で体が動くのだそうです。

更に、人間というのは、
起きている間に様々な行動や姿勢を取ることで、
少しずつ体が歪んでいるのだそうです。

それを赤ちゃんは寝ている間に動くことで、
修正しているのだそうです。

なので、寝相が悪いというのは、
赤ちゃんが脳も体も元気に成長していっている証
とも言えるのです。

私は生まれてすぐの我が子があまりにも
寝ている間に動きまくって布団の中にほとんどいなかったので、
寒いだろうとあれこれ対策をし、
あたためすぎてしまい、
結果子供が体に熱をこもらせて体温が急上昇、
発熱したと思い小児科へ駆け込んだ結果、
私が心配のあまりにあたためすぎていたことが原因だった、
ということがありました…。

それからは寒いからとあまりあたためすぎないように気を付け、
赤ちゃんが動いているのは成長しているんだ、
と気楽に考えるようになりました!

赤ちゃんが冬に布団を蹴る対策

寝相の悪い赤ちゃんの寝冷え対策としては、
スリーパーがおすすめです!

足元まで長さのあるスリーパーを
パジャマの上に1枚着せておくことで、
どんなに赤ちゃんが動いても布団のようにずれることなく、
肩が冷える心配もなく赤ちゃんを寝冷えから守れます。

ただ、歩き始めた赤ちゃんに
長めのスリーパーを着せると
裾を踏んでこけてしまうことがあり危ないので、
短めのスリーパーにしましょう。

また、腹巻もおすすめです。

腹巻もずれる心配がなく、
赤ちゃんのおなかをだけを
冷えから守れるので便利です。

我が子は真冬で、このスリーパーと腹巻に、
軽い羽毛布団1枚をかけるだけで調度良かったようです。

さいごに

赤ちゃんにとっての適切な睡眠環境を整えてあげることで、
赤ちゃんもママ達も毎日快適に寝られると良いですね。

それぞれの地域の気温や
部屋の室温などの差がありますので、
赤ちゃんの様子をよく観察し、
それぞれの赤ちゃんにあった衣類や
お布団を選んであげて下さいね!

スポンサードリンク

関連記事と広告

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

保育園で使うスタイはすぐカビる!予防や洗い方一つで変わるカビ対策
赤ちゃんの乾燥肌どうしたらいいだろう原因と対策は?
赤ちゃんの手作りおもちゃを簡単に作る方法|お気に入り7つ紹介します
赤ちゃんの初めてのクリスマスプレゼントは何が良い?絵本やおもちゃ?
赤ちゃんの言葉の理解はいつから?言葉の発達の促し方&大切なこと。
コストコで赤ちゃん商品はどれくらいあるの?オススメ商品紹介します
辛すぎてやめたい…夜間の授乳間隔はどのくらい?寒さ対策
先輩ママが教える!出産祝いでもらって嬉しい物ランキング
赤ちゃんの歯磨きはいつからどうやったら嫌がらないの?
赤ちゃん夏でも保湿が必要?お風呂の入り方や服装について
赤ちゃんの夜泣きに時期ってあるの?いつまで?対策法を紹介します
子供が薬を嫌いでも飲める飲ませ方!工夫だけであら飲めた!?
保育園でうつる病気や感染症と予防と対策は?
赤ちゃんの日焼け止めって必要?なめるけど大丈夫?
運動会でかけっこが速くなる5つのコツ|やる気にさせる言葉かけ

Menu

HOME

TOP