りんご病は大人にうつるの!?症状や治るまでの期間は?

211048

りんご病は正式には
「伝染性紅斑」と言われ、
頬がりんごのように真っ赤になることか
らりんご病と言われています。

りんご病にはワクチンが存在しないので、
事前に防ぐということができません。

しかしそこまで感染力の強いウイルスではないので、
インフルエンザなどのように一定の時期に
大流行するようなことはありません。

もしかかってしまっても
最初は風邪のような症状なので、
りんご病とは気づかないでしょう。

りんご病は一度なってしまえば
抗体ができるので二回、三回とかかることはありません。

子供の頃になっていればもう
うつることはないのですが、
まだ一度もなったことがないという方もおられるでしょう。

りんご病というと子供がなる病気
というイメージが強いですが、
もし我が子がりんご病になってしまった時、
自分もりんご病に感染することはあるのかな?
もしかかってしまったらどんな症状が出るのだろう、
と気になりますよね。

そこで、大人のりんご病について説明いたします。

スポンサードリンク
 

りんご病って大人にうつるの?

りんご病は大人にもよく感染する病気です。

特に幼児、小児を子供に持つ親が
子供を介して感染します。

風邪と同じように、
飛沫感染や接触感染でうつるのですが、
先程お伝えしたように、
一度なってしまうと抗体ができ
二度と感染しない病気なので、
子供の頃にりんご病にかかったという人は
もう感染する心配はありません。

しかし、一度もかからないまま大人になった方は
、感染する可能性があるので気をつけなければなりません。

スポンサードリンク

りんご病大人の場合の症状と期間はどのくらい?

大人がりんご病に感染すると、
最初は風邪のように、
熱が出たり倦怠感が出現します。

大人のりんご病は、
子供が感染した時のように
頬が赤くなるといったことは
ほとんどありません。

なので、最初はりんご病とは気づかずに、
風邪かな?と勘違いする人が多いです。

熱は38度以上の高熱が出ることが多く、
めまいや吐き気がするという人もいます。

そして、子供と違うのは、
関節のむくみや痛みが強く現れるということです。

1日2日は歩くことも
困難になることが人もいます。

手足に発疹が出ることもあります。

しかし、ほとんど症状がなく、
風邪かなと思っているうちに
りんご病の感染源となっている場合もあります。

このように、大人のりんご病の症状は
非常に個人差があります。

そして、症状が強く出る人の中には
約1カ月くらい症状が続く人もいるので、
子供よりも重症化するケースが多いのも
大人のりんご病の特徴です。

りんご病に罹った大人への対処はどうする?

りんご病に直接有効なお薬は
今のところありません。

なので、りんご病に罹った場合、
対症療法で症状を緩和するしかありません。

発疹の痒みが強い場合はかゆみ止めのお薬、
高熱で体力が著しく低下するような場合は
解熱剤などを使って、
自然に回復するのを待つのみです。

症状が長く続く場合精神的にも辛くなりますが、
なるべく体を休めて無理をしないようにすることが大切です。

さいごに

大人にも感染することのあるりんご病、
しかも子供が感染した時の症状よりも
重症化することが多いにの特効薬がないという
なかなか辛い病気です。

子供が感染したり、
子供の通う園や学校で流行した場合は、
手洗いうがいの徹底や、
飛沫感染を防ぐ為にマスクを着用
するなどの対策をとり、
免疫力を高める食生活や
ライフスタイルを意識して、
感染しないように気をつけておくことが大事です。

スポンサードリンク

関連記事と広告

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP