溶連菌は何度も繰り返す?原因と大人の予防策必見!

8261e0cd40ba537c49870029c9e79011_s
今年は溶連菌が流行りました。

保育園では多くの子供たちと
その親も感染し、しかも繰り返すので
流行が治まりません。

なぜ繰り返すのか?
原因、予防と対策について紹介します!

スポンサードリンク
  

溶連菌は何度も繰り返すことがあるの?

溶連菌は何度も繰り返すことがあるの?

答えは YES です。

私は保育園児の母ですが、
息子から感染し、
昨年の夏に1度目
2か月後位にまたかかり、
薬が効かず、再度薬変更でようやく
回復しました。

保育園では同じ子が何度も
繰り返し感染していました。

溶連菌感染症はうつる病気ですが、
抗生物質を飲みはじめてから
24時間以上たてばうつらないと言われています。

(ちなみに登園許可書は必要ですよ。)

けれど、潜伏期間は2~4日位あるので、
症状がでた時にすでに他の子への
感染を繰り返しているので終息しないの
でしょうね。

溶連菌を繰り返す原因は?

溶連菌とは
溶血性連鎖状球菌がのどに感染して起こる病気で、
5~15歳位の小児に最も多く見られます。

大人は2割程度と言われていますが、
免疫力が弱っている時にかかりやすいです。

症状ししては

・のどが赤く腫れて痛い

・高熱

・舌にいちごのように赤いブツブツ

・口の横が切れる

・顔、体、手足に発疹
 後で皮がむけることもある

・咽頭炎 扁桃炎

・頭痛
 
・嘔吐

などです。

のどの検査(めん棒)
5~10分程度で判定されます。

抗生物質で治療し、個人差はありますが
1日か2日で熱が下がり、徐々に喉の痛みもおさまります。

スポンサードリンク

1度かかれば抗体ができて大丈夫!
と思いがちですが

実は、何度も繰り返す病気なんです。

原因として

溶連菌には10種類以上の型があるため、
同じ溶連菌でも、別の型にうつって
しまうことがあるんです。

その他に

・抗生物質を指示通り飲み切っていない
 →菌が残り完治していない

・薬が合っていない

・別の菌に感染

が考えられます。

私の2度目はまさに上記のようで、
別の菌に感染して
さらに薬が合っていなくて(弱いとの説明)
強い薬へと変更になりました。

溶連菌の種類も多いですが
薬もいくつか種類があるよです。

そのため完治しているようで
しきれていないこともあるんですよ(悲)

溶連菌の大人の予防策とは?

溶連菌は珍しい病気ではありません。

そのために風邪との診断で見過ごされる
ことも多々あります。

予防接種もないので
自分で予防する必要があります。

予防策としては他の感染症と
ほとんど同じになりますが

□ 手洗い、うがい

□ マスクの着用

□ 家族が感染したら、同じ皿の食事など避ける
 

感染してしまったら?

■ こまめに水分補給をする

■ のどの乾燥予防のためマスク着用

■ アロマの活用
  ティートリーはのどの炎症を和らげます

■ 冷えピタの活用
  太いリンパに貼る(足の付け根 耳の下 わきの下)

■ うがい
  うがい薬(イソジンなど)でうがいをする

■ 刺激物は控える 
  熱い 辛い 酸っぱいもの

■ 消化の良い物を食べる
  おかゆやうどんなど

私が感染したときは、熱も喉の痛みも
激しかったのでほとんど食べれませんでした。

どんどん体力が低下していくので
スポーツドリンクとエネルギーゼリーを
口にしていました。 

まとめ

繰り返すこともある溶連菌ですが、
かかるから弱いというわけじゃありません。

元々かかりやすい人もいるようです。
私のように。

その都度しっかりと直せば大丈夫なので
のどと熱の症状が出たら、受診して
治しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

関連記事と広告

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP