妊婦さん尿漏れがひどいのは自分だけ?原因と対策で不安なし!

妊娠すると、ふとした瞬間に尿漏れをした経験のある方も多いと思います。
私もそのうちの一人です。

初めてなったときは、「あれ?私、今おしっこ、、、」
とびっくりしたのと同時に
恥ずかしくなってしまいました。

すぐにネットで検索すると、
妊娠中の尿漏れはありうることだという内容がたくさん書かれており、
何より、まわりの先輩妊婦さんに相談すると
「私もあったよ!」
「あったあった!」
の声も多数あり、
なーんだ!恥ずかしがることではないんだ!
たくさんの妊婦さんが通る道なんだ!
と一安心した記憶があります。

妊婦の尿漏れがひどいのはなぜなのかな?
妊婦の尿漏れの原因を知るとともに、
対策法を私なりにまとめてみました!
是非これを読んで、
尿漏れで悩む妊婦さんの参考になればと思います!

スポンサードリンク
 

妊婦の尿漏れがひどいのはしょうがないの?

妊娠中には、体のいろんなところにそれまでは
経験したことのないような様々な変化が起こります。

「尿漏れ」もそのひとつです。

最初、初めて経験した時には、
「えっ?!なんで?」とびっくりされる方も多いでしょう。

しかし、妊婦の尿漏れがひどいのはおかしなことではないのです。
むしろ、

赤ちゃんがおなかの中ですくすく育ってくれている証拠!

とまで言えます。

確かに不快な症状ではありますが、
なぜ妊娠すると尿漏れが起こるのか、
原因を知ると安心できると思います。 

そしてしっかりと対策をしておけば、
突然の尿漏れにも安心して対応できます。

次の章では、妊婦はなぜ尿漏れをするのか、
原因を探っていきましょう!

31db111adf7617e1bf5bc238d653f2ba_s

妊婦の尿漏れの原因は何?

妊婦の尿漏れの原因としてまずあげられるのが、
赤ちゃんが入っている子宮は尿がたまる膀胱の上にあるので、、
おなかの中の赤ちゃんが大きくなるにつれて
子宮も大きくなっていき、
子宮に膀胱が圧迫されている状態になるから、
ということです。

このため、尿漏れだけでなく、
お手洗いへ行く回数が極端に増えた!
という妊婦さんも大勢います。

また、赤ちゃんの胎動による膀胱への刺激によって、
尿漏れを引き起こすこともあります。

私の息子は逆子だったのですが、
赤ちゃんの足が下に向いているため、
胎動が感じられる頃になってくると、
赤ちゃんの足で膀胱をつつかれているような感覚になり、
おなかにいる頃からわんぱくだったのか?
度々、つん!つん!どん!どん!と小さな足がよく動いていたために、
元気なのだなぁ、と嬉しくなる反面、
「あ!やめて!」と言葉が出てしまうくらいに
尿漏れを多々経験しておりました…

それから、くしゃみや咳をするときに、
おなかに力が入ることによる刺激で
膀胱を刺激してしまうこともあります。

スポンサードリンク

そして、出産に備えて子宮や膀胱を支える筋肉が
緩んでくることも原因のひとつです。
このようにして、妊婦の尿漏れは、
元気な赤ちゃんをうむために日に日に変化をしており、
それに伴い、尿漏れが起こるということなのです。

8cd66d5320f44c2a536bb982118c777f_s

妊婦の尿漏れの対処法

そんな妊婦の尿漏れですが、
突然外出先などでなってしまうと焦ってしまいますし、
なるべくなら、防げた方がいいでしょう。

まず、膀胱に尿をたくさん溜めないようにということで、
こまめにお手洗いへいくことです。
それから、妊娠中は膀胱を支える筋肉が弱くなると共に、
子宮が膀胱を圧迫することによって、
排尿の際にいきんでしまいがちです。

しかし、このことが尿漏れに繋がります。
いきまないようにすることで産後の尿漏れの予防にもなりますので、
排尿のし方を意識するのもポイントです。

それから、妊娠中に緩んだ膀胱付近の筋肉を鍛えるという意味で、
肛門をキュッと絞めるようなイメージで力を入れ、
それを何回も繰り返すことで膀胱付近の筋肉のトレーニングになり、
尿漏れを防ぐことにも繋がります。

それでも、どうしても尿漏れを起こしてしまうことがあります。
そんな時のために、尿漏れ用のパッドがあります。

吸水性だけでなく、消臭効果があるものが多く、
また、パンティライナータイプ、ナプキンタイプ、
布製のパッドなどもあり、スーパーやドラッグストアなどで
売っておりますので、気軽に購入することができます。

93ed1bdd532c812b342a159e111c5429_s

さいごに

このように、
妊婦の尿漏れは当たり前にあることだということが分かります。
もし、「はっ!」とするようなことがあった方は、
様々な予防方法を試してみるといいと思います!

そして、それでも尿漏れを起こしてしまったときのために、
パッドなどを日頃から用意しておくと、
安心して快適な妊婦生活が送れますよ。

b16986d59028866bc792504ad9ae7f03_s

スポンサードリンク

関連記事と広告

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP