白髪は抜くの切るの?カラーリングじゃダメ?白髪染めはいつから使う?

初めて鏡で自分の白髪を見つけたとき、
えー!ついにきたか!
と、少しショックを受けたことを覚えています。

それから私は、抜いてみたり切ってみたり染めてみたりと、
いろいろな方法で白髪と格闘してきたものです。

できればまだ生えてきてほしくはない白髪。

でも年を重ねるごとに、
上手に付き合っていかなくてはならない存在です。

白髪を上手に隠すには、生えてこないようにするには
どんな方法があるのかをまとめてみました。

是非参考にしてみてくださいね!

1f06e7e0adc81054484339c0492bd62c_s

スポンサードリンク
 

白髪は抜くの切るのどっちがいいの?

白髪を見つけると、
思わず抜きたくなる衝動にかられてしまいます。

が、抜くのは絶対にやめた方がいいそうです!

よく、白髪を抜くと増える、
いう話を耳にしますが、
白髪は抜いても増えることはありません。

ではなぜ抜いてはいけないのか、
それは、無理矢理髪の毛を引っ張ることによって、
頭皮が傷つき炎症を起こしたり、
繰り返しそのようなダメージを受けることにより、
髪の毛が生えてこなくなることもあるからなのです。

ですので、白髪を見つけた場合は、
根元の部分からハサミで切ってしまいましょう。

自分でやると、間違って他の黒い髪の毛も
一緒に切ってしまうことがありますので、
美容院に行った際に切ってもらうか
、家族や友人に頼むなどして切ってもらうと安心ですね。

私は、白髪を切ろうとして黒い髪の毛を
同時に数本切ってしまった経験があります…。

それからは、いつも美容院で切ってもらっています!

794078b0cf940cd358303b2b0a2c0525_s

白髪染めはいつから使う?

白髪染めはいつから使い始めるのか、
という話を私も美容師さんとよくするのですが、
私はそこまで白髪の量が多くないということで
まだ今は普通のカラー剤で染めているのですが、
量が増えてきて普通のカラー剤で染めても
染まりきっていない白髪が大量に目立つようになれば
白髪染めを使い始めればいいのではないか、
と言われています。

スポンサードリンク

また、髪染めは、髪の毛の色を明るくしたい人や、
彩度のある色にしたいという人には不向きです。

白髪染めは白髪を染めることを目的として作られているので、
色を明るくしたり彩度のある色に染めるという部分に関しては、
普通のカラー剤よりは効果として出にくいのです。

ですので、そのような目的で髪の毛を染めたいという人は、
白髪の量が増えるまでは、
普通のカラー剤で補っておくという方が多いです。

色を明るくしたり彩度のある色を
そこまで求めていない人は、
白髪染めをするとやはり白髪は綺麗に染まりますので、
早い段階で白髪染めをされても良いでしょう。

白髪を予防する食べ物

白髪を予防する成分を含んだ食べ物を
日々の食事に取り入れるといった方法もあります。

よく言われる、昆布、わかめ、ひじき、海苔などの
海藻類は髪の毛の細胞の成長を促す効果があります。

イワシ、サバ、カツオ、ブリなどの
魚介類にも同じ効果があります。

また、チーズ類やバナナ、アボカド、
リンゴ、マグロ、ヒラメ、ちりめんじゃこ、
アーモンドや大豆には、メラニン色素が含まれており、
抗ストレス作用もあることから白髪に効果的と言われています。

またメラニンの働きを活発にするミネラルを含む、
ごぼう、にんにく、モロヘイヤ、パセリ、そば、さつまいも、
エビ、カニ、またあんずやプルーンも
あわせて取り入れると相乗効果で白髪予防になります。

そして、頭皮の血行が悪くなることで
白髪の増える原因にもなりますので、
体をあたためる食べ物も効果的といえます。

ですが、唐辛子なども刺激の強い香辛料は
逆に髪の毛に良い影響がありませんので注意して下さいね。

seaweed-991706_640

さいごに

白髪は外見を実際の年齢よりも
高く見せてしまうため、特に女性は気になりますよね。

しかし、間違ったケアの仕方をすると、
反対に髪の毛にとって悪影響にもなりかねません。

遅かれ早かれ年齢を重ねていくと
誰にでも白髪は生えてくるものですが、
自分なりの白髪ケアをすることによって、
少しでも白髪のない快適な生活ができるといいですね!

スポンサードリンク

関連記事と広告
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP