冬の手荒れ対策!アレルギーでゴム手袋が使えない時にはどうする?

空気が乾燥する寒い季節になってくると、
手荒れが気になる時期になりますね。

冬は最も空気が乾燥する季節ということに加え、
更に暖房の風によって室内はものすごく乾燥した状態になります。

特に水仕事の多い主婦の方々は、
普段よりも手荒れしやすい状態です。

ひどくなると皮膚科に受診しなければならなくなる程に
悪化する場合もありますので、
普段からこまめに対策をしておいて、
冬の手荒れに負けないようにしておきましょう!

スポンサードリンク
 

冬の手荒れ対策

乾燥からくる手荒れへの対策としては、
一に保湿、二に保湿、というくらいに、
保湿が重要になります。

少しくらいの乾燥だと、こんな季節だから仕方ない、
と放っておいてしまうこともありますが、
乾燥しているな、と感じた段階で、
こまめに保湿をすることが大事です。

水仕事を終えたその都度、お風呂上りなど、
手が水やお湯に触れた後は、水分が蒸発して
肌が乾燥しきってしまうその前に保湿をすることが大切です。

ハンドクリームやローション、ゲルタイプの物など、
手荒れ対策の保湿剤はいろいろあります。

クリームのべたつきが気になる方は、
軽いつけ心地のクリームもありますし、
ローションやゲルならさらっとしているので使いやすいでしょう。

ハンドクリームでなくても、顔用の物や、
ボディクリームなどでも大丈夫です。

また、ハンドパックといって、
手専用のパックもあります。

保湿剤を含んだ紙製の手袋を
一定時間つけて保湿するという物です。

時間がある時や、夜すべての用事が終わったあとなどに、
そういったものをプラスアルファで取り入れてみるのも良いでしょう。

そして、乾燥している時期はお肌が特に敏感になっていますので、
食器洗いの時に使う洗剤によっても荒れてしまう場合があります。

界面活性剤という成分が含まれていない物や、
含まれている量が少ない物、
手肌に優しく作られている商品など、
いろんな洗剤がありますので、
この時期は洗剤を意識して選んでみるのも良いですね。

それから、寒い時期は水よりもお湯を使いたくなりますが、
熱いお湯は肌の乾燥の原因にもなりますので、
水か、ぬるま湯にする方が良いです。

でも寒い真冬の季節に冷たい水を使うと
手がかじかんでしまい、長時間になると
しもやけのようになる恐れもあります。

そこで、手を洗剤に触れないように、
食器洗いなどの時にゴム手袋を使用するという方法もあります。

cream-1327847_640

ゴム手袋手荒れ対策のおすすめはどれ?

ゴム手袋にも、いろいろな種類があります。
デザインの可愛い物や、長さもショートタイプ、
ロングタイプがあり、分厚く耐久性の良い物や、
薄くて細かい作業もできるような物、
袖口のデザインが水を中に通さないように工夫されている物、
素材も、全てゴムで作られている物から、
内側が綿やレーヨンになっているタイプの物
と、多種多様な手袋があります。

私が実際にゴム手袋を使ってみた感想なのですが、
洗っている最中にすごく中が蒸れるので、
使い終わった後に中をしっかり乾かしておかないと、
中にカビが生える原因になります。

スポンサードリンク

また、私は、その洗い物の最中のゴム手袋内部の蒸れを利用して、
ハンドクリームを塗ってからゴム手袋をつけることによって、
洗い物の最中にゴム手袋の中で手が
ハンドクリームでパックされている状態となり、
洗い物をしながら手を保湿できるので一石二鳥!と、
よくやっているのですが、ハンドクリームが
ゴム手袋の内側についてしまうので、
更にしっかりと内側まで洗って乾かしておかないと、
とても不衛生な状態となってしまいます。

なので、一枚一枚がとても薄く、
手にピタッと密着するタイプで、
それが何十枚何百枚と入っている使い捨ての物がおすすめです。

手に密着する薄手の物は、袖口にも密着して
水が中に入りにくいですし、使い捨てだと衛生面でも安心です。

もしくは、厚手で、袖が肘くらいまである長めの物か、
もしくは短くても袖口が水が入りにくいような作りになっている物を、
裏返して内側をしっかりと洗い流し、
干して乾かして使えば、使用中も洗剤に触れることなく、
尚且つ何度も使えることで経済的ですね!

gloves-319838_640

手荒れなのにゴム手袋がアレルギーで使えないときは?

ゴム手袋がアレルギーで使えない!
とい方もいらっしゃいます。

手荒れ対策でゴム手袋を使用していたのに、
そのゴム手袋が更に手荒れを悪化させる原因になっては大変です。

中には、ゴム手袋によってアレルギーの症状が
出ているのを気付かずに、
乾燥からくる手荒れが悪化したのだと、
そのままゴム手袋を使用し続けて、
ますます手荒れが重症化してしまったという方もおられました。

ゴム手袋を使い始めて、症状が悪化したという場合は、
ゴム手袋の使用を見直してみて下さい!

ラテックスアレルギーといって、
天然のゴムのアレルギーの方用に、
人口のゴムで作られた手袋もあります。

また、ポリエチレン製の手袋を、
袖の部分をゴムでくくって水が入らないようにして
使用するという方法もありますし、
そのポリエチレン製の手袋の上から
ゴム手袋をはめて使用するという方法もあります。

green_care-thumb-autox1600-18645

さいごに

冬の手荒れ対策は、まず保湿をまめに心がけて
肌をできるだけ健康な状態に近づけること、
そして、ご自身の体質や使用環境にあわせた
手袋を選んで手肌を保護するということが大切です。

手はよく目につくところでもあり、
粉がふいたようになっていたり
、あかぎれなどになっているととても気になりますよね。

痒みを伴うような症状が出てしまうと、
日々の生活への支障も出てしまいます。

主婦にとっては、洗い物や洗濯など、
水に触れる家事は毎日のことなので、
その度に手肌を酷使していることになります。

私自身も今まさに指先が乾燥してかさかさしてきています…。
普段以上に手荒れのケアを行い、
健康な手肌で過ごせるように、
お肌へのダメージを少しでも減らしていくことが大切ですね!

スポンサードリンク

関連記事と広告
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP