二重あご解消簡単トレーニング法|3つのキーワードでスッキリ小顔に

少しの体重増加で最初に現れる二重あご。

隠したくても隠し切れない、
写真を見てガッカリ…

そんなあなたにスッキリ小顔になる
トレーニング法、体質改善できる3つの
キーワードを紹介します。

スポンサードリンク
  

二重あご解消する簡単方法

年齢よりも老けてみえるように見えるのは
二重あごが原因かもしてません。

ちょっとの体重増加で出現する二重あご。

本当に厄介ですよね~

二重あごの原因は

・悪い姿勢

・リンパの滞り

・筋肉の衰え

などです。

オフィスワークや
下を向いてスマホを長時間見るなど
思い当たる方のために、

フェイスラインをスッキリさせる
簡単解消法を紹介します。

【顔上げトレーニング】

方法は簡単!

顔を斜め45度に上げて
顎を突き出します

首の前面の筋肉が伸びてることを
意識しながら10秒キープ

一旦元に戻し、再度繰り返します。

これを1日3回、計30秒行います。

普段あまり使わない首の下に広がる
筋肉を意識的に使うことで、
鍛えながらフェイスラインをスッキリ
させます。

【笑顔をキープ】

口をとじたままスマイル

この時、首の筋が浮き出るくらい
口角をあげます。

このまま5秒キープ

5秒キープすると頬が
痛くなります。

普段そこまで使えていないことが
分かると思いますよ~

【つまんでマッサージ】

オイルを使ってもOK!

あごを上げて首から顎にかけてのラインを
親指と人差し指でつまみながら
マッサージをします。

どうしてもたるみやすい顎の
ラインをマッサージすることで
血液やリンパの流れを促します。

以上が簡単にできる二重あご解消法です。

簡単じゃないと続かない、
TVを見ながらでもできる!

私みたいな方にお勧めです。

二重あご解消トレーニング

次は少しステップアップした
二重あご解消トレーニングです。

一週間後の同窓会までに、
友人の結婚式までに、

など、短時間で効果を出したい方へ
おすすめトレーニング法です。

【舌出しトレーニング】

顔を斜め上45度に上げ口を突き出します。

そのまま舌を上に出し5秒キープ
これを5回繰り返します。

舌を出すと疲れますよね?

さらに、出した舌を上下左右に
動かすとあごの周りの筋肉を
効果的に鍛えることができます。

スポンサードリンク

このトレーニングが顔全体の血行が
良くなり、頭もスッキリしますよ。

【まいう体操】

この体操は「ま」「い」「う」の
3文字を筋肉を意識しながら動かします。

大きくしっかりと動かすことがポイントです!

「ま」

ちょうど二重あごになるあごの下の
筋肉を意識して「ま」と10秒間キープ

「い」

おもいっきり笑顔で頬骨のあたりの筋肉を
意識して「い」と10秒間キープ

「う」

口の周りの筋肉を意識して
口をタコにしながら「う」と10秒間キープ

これを各10秒×5回
朝昼晩の 1日3セット
続けてください。

けっこうすごい顔になるので
外ではやらない方が良いですよ(笑)

やってみると顔が熱くなります。
きっと普段使っていない筋肉を
使っていることが分かると思いますよ。

スッキリ小顔に必要な3つのポイント

すっきり二重あごになるには
マッサージだけじゃなく、
体に摂取するものも大事です。

今回は手軽に取れる3つを
紹介していきます。

□ 適度な水分補給

 体の中の水分が減ると老廃物が
 溜まりやすくなります。

 適度な水分補給で新陳代謝は良くなり、
 毒素排出できる体になります。

 また、塩分の取りすぎはむくみの
 原因になります。

 減塩を心がけましょう。

□ ビタミンE

 若々しくハリのある肌を保つには
 ビタミンEが欠かせません。

 ビタミンEは強い抗酸化作用があり、
 活性酸素を除去する働きがあります。

 抗酸化作用によりアンチエイジング
 効果が期待できます。
 

 【サプリ】

 ドラッグストアで購入できます。

 【食品】

 アボカド
 はまち(生)
 うなぎの蒲焼
 カボチャ
 赤ピーマン
 アーモンド
 
 などに多く含まれています。

 
□ 緑茶

 緑茶にはポリフェノールが含まれ
 アンチエイジング効果が期待できます。

 さらにカフェインが基礎代謝量を
 アップし太りにくい体になります。

 

まとめ

二重あごは厄介ですが、普段鍛えていない
部分なので、実は短時間で効果が
現れやすい場所でもあるんです。

顔のたるみや二重あごが解消されるだけで
年齢も若く見えます。

少しづつ続けて若返りを目指しましょう!

スポンサードリンク

関連記事と広告
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP